今の仏壇・私の仏壇


 現在販売されている仏壇は、ほとんどが既製品で取り売りにて販売されています。
この業界は意外にもグローバル化が進んでいますので、外国生産が多く、安く作る
事が常識で、仏壇に付属する本尊や仏具もオマケやサービスで、一式いくらという
様に販売されています。そのような状況で日本の職人が生きてゆくのは将来的にも
難しいと言えます。

 そもそも仏壇の価値と価格が、余りにも曖昧で同じ商品が様々な方法、価格で
販売されており、時には8割引き、9割引き等、不信を極める販売品です。
その一方で自社生産、伝統の技を生かした工芸品のように宣伝し、実際は外国で
大量生産という現実は、信用と価値を危うくし、仏壇という存在自体が徐々に
先細りに成るのは当然だと思います。

 葬儀、仏壇、お墓に象徴される弔いに関する業界は、そのシステムが不明瞭で
一般の人の感覚では必要以上に高いという意識が蔓延し不信感という拒否反応が
衰退の大きな要因と言えるでしょう。

 しかし例えば、葬儀に関する一般の人からの批判は、近年様々に語られてい
ますが、数年前から始まった生前見積もりの考え方は、明瞭会計の答えとして
受け入れられ葬儀業界も変化しています。

 現在売られている仏壇は、大きく分けると伝統的な仏壇。
外国で安価に大量生産される仏壇。新型、現代、家具調仏壇と言われる仏壇。
デザイナーや芸術家の作品と呼ばれるアート系仏壇に分類出来ます。

 伝統的な仏壇は、信仰心の低下と住宅の洋室化に伴い売れなく成っています。
そこで価格を下げる為に合理的な生産で量産した物が生まれました、利幅の大
きさから販売店が増え、一時期盛り返しましたが、その様々な販売方法から
価格と価値が損なわれ不信だけが残った状態です。

 では宗教色を感じさせない家具調仏壇にすれば売れるかと言えば、定番と
成る程の存在ではないようです。そもそも弔いの気持ちが有るから仏壇を
求めるのであって、家具に見えるのでは、その気持ちと矛盾する事にもなり
ます。

 作家の作品としての仏壇は、デザイン家具の様なアートとしての存在ならば
理解出来ますが、多くの人は仏壇に葬祭具としての無名性を求めるのではと
感じます。

 それでは、根源的に仏壇を考えると、ほとんどの仏壇は箱に収められています。
本尊と仏具が箱に収められて、お寺の本堂の建物が箱という解釈でしょう。
実際に仏壇を置く場所は部屋ですから、部屋を本堂と見立てれば、本尊と仏具で
荘厳する形で基本的に完結し、箱が必然という訳ではありません。
例えば小振りの厨子(本尊)と仏具を並べて供養しても構いません、時代劇には
よくみられます。

 作品としての仏壇は、このような考え方から仏壇そのものが信仰の象徴として
イメージしデザインしていると思われますが、その形態が気に入る人以外は
違和感が有るでしょうね。

 もう一つの要素として、食品の様に仏壇そのものの生産地や生産者の顔が見える
事も出来たら理想的ではないでしょうか。確かに低コスト至上主義の世の中で
国内で作るのは確実に安くないのは解りきった事ですが、納得出来る作り方と
値段であれば弔いの道具として、きちんと提示出来れば可能です。

 そこで、『今の仏壇・私の仏壇』として具体的に考えると、基本パーツは
ベースの板、背面の板、そして天板の三枚を横から見てコの字で構成し、
本尊の掛け軸や仏像を納めます、基本はそれだけです。その他の仏具は
好みで自由に配置します、お寺の内陣の様に伝統的な荘厳にも出来ますし
シンプルな構成にするのも選べられるようにシステムを考えます。
そして企画した一社が全て作るのではなく、国内の各仏具業者の製品を組み
合わせ、共同で企画し、宣伝し、販売する。




人気ブログランキングに参加してます 順位が見れます。
ポチッと ここを クリック! お願い致します。
[PR]
# by butugude | 2013-08-05 19:15 | デザイン仏具 デザイン仏壇 | Comments(0)


 寺院用仏具は一般に高いと言われています。
良い材料と手間を掛ければ、元々安く出来るはずもありませんが
感覚的に倍以上の値段に成っているからでしょう。

 一方でカタログに掲載されているような普及品の仏具は、合理的な
作り方をしてます、特に見えない部分では徹底的に合理化しており
割合安価な既製品と考えれば、一般の電気製品のような価格比較が
可能かと思います。

 しかし、それ以外の寸法違いや形態他を指定しますと当然受注生産に
成りますので、同時に価格も不明瞭に成ると言えます。例えば素材や
仕上げに依っては、多くのバリエーションを生じますから、価値と
価格を推し量るのは専門家でも難しいでしょう。
実際には製作所それぞれの基本仕様が存在しますので、それ程選択の
幅が有りませんが、外部からでは程度の差は解り辛いと言えます。


 寺院用仏具を製作している所は、全国でも非常に限られており需要も
一般とは違い狭く、耐用年数も長いですから必然的に限定的な製作所が
作る事に成ります。仏壇屋さんや葬祭を含めれば販売している所は
非常に多いですが、ほとんどが取り売りして事が現状です。

 一番価格が不明瞭に成る原因は、この取り売りというシステムが結論と
言えるでしょう。昔や高度成長期迄は、小売り、問屋、メーカーの構造が
成立していて、購入する側も高くても当然でしたが、外国製商品が入り
崩壊しました。他の業界は徹底して崩壊しましたから解りやすいですが
寺院用仏具は、中途半端な壊れ方をして工芸的面と工業生産的な側面が
混在する業界と言えます。販売方法も新旧入り交じり、標準となる価格も
有名仏具店を基準にしていますので、高止まりとなります。




人気ブログランキングに参加してます 順位が見れます。
ポチッと ここを クリック! お願い致します。
[PR]
# by butugude | 2013-01-07 18:59 | Comments(0)

荘厳仏具図面



 只今 Yahoo!オークションにて仏具図面を出品しています。
Yahoo!オークション検索で「仏具図面」にて表示します。

 仏具図面そのものが世に出る事が殆ど有りませんでしたから
この機会に購入頂けると助かります。


c0181864_18324181.jpg


c0181864_1832139.jpg


c0181864_1831284.jpg



人気ブログランキングに参加してます 順位が見れます。
ポチッと ここを クリック! お願い致します。
[PR]
# by butugude | 2012-11-26 18:33 | Comments(0)

連絡先


 日本で唯一のフリー荘厳仏具デザイナー
寺院用仏具の製作現場から始めた、日本最初の仏具デザイナーだと
自負しております。

 まもなく36年目に入りますが、大型仏具を中心に3000件を
超える実績が有り、高品質な仏具を名古屋という仏具産地を裏付けに
全国の寺院様に提供しております。

 仏具は実際の製作過程が曖昧で、価格も不明瞭と言われています。
当方では、現地調査、デザイン、製作所、製作過程の見学も出来ます。
中間業者が入りませんから、純粋な価値として、誤魔化しの無い価格で
提供致します。


屋号= イマエダ・デザイン

代表=今枝 敏也 (いまえだ としや)

所在地=愛知県江南市

電話=0587-52-2331
FAX=0587-52-2330
携帯電話=080-3077-6276
メール=to4848@owari.ne.jp





人気ブログランキングに参加してます 順位が見れます。
ポチッと ここを クリック! お願い致します。
[PR]
# by butugude | 2012-03-05 17:59 | 連絡先 | Comments(0)

仏具の形


 現在の寺院用荘厳仏具は、その価値から言えば簡易型と思われる程
低コスト化しています。私が仏具デザインを始めた35年前は、全国の
寺院仏具の6割以上が名古屋で作られていましたから、高級品と共に
普及品名古屋型として定着していました。

 その後、低コストを求めて東北や九州でも作るように成り、台湾、韓国
中国、東南アジアへとシフトして行きました。普及品の劣化コピーの
繰り返しですから変な形の仏具も多く存在します。

 仏具のカタログ等では、例えば鎌倉型という様に既製品として在庫が
有るように装っていますが殆どが受注生産で、国内製作では数週間
海外製作では三ヶ月以上納期が必要です。考えてみれば、何時売れるか
解らない物を在庫で持つはずはありません。

 以前は、仏具の形の良し悪しを解る人が作らせたり、販売していましたが
時代は移り、今は売る方も既製品を売るだけの感覚です。これでは
こんな仏具を作って欲しいという要望が有っても応えられるシステムが
壊れています。

 そこで仏具デザインする人が直接要望を聞き、特注仏具が得意な
製作所で作れば解決します。





人気ブログランキングに参加してます 順位が見れます。
ポチッと ここを クリック! お願い致します。
[PR]
# by butugude | 2012-01-28 17:36 | 仏具デザイン | Comments(0)